U.C.L.A.に行ってきました。

UCLA_PHOTO
UCLA DMAの学部生たち。真剣です!

2月、家族3人でカルフォルニア大学L.A.校に行ってきました!
夫(岩井俊雄)の招待に動いてくださったのが過日作品についてコメントを下さった、フィンランド人の先生でしたが、その方と交流を重ねたこともあり、私も講師として学部生のワークショップに参加することに。

学生たちは、芸術学科のDesign Media Arts 専攻。
お題は「イノベーティブな子供の本をつくろう!」でした。
岩井俊雄とのダブル講師です。
WSの内容も決まっていなかった時には、版画の技法を説明するくらいでいいか?と思っていたものの、考えるうちに自分が今情熱を持ってやっていることを学生に見てもらおう!という思いが湧いてきて、製作中の「くろいの」のラフと、原画を持って行きました。

ワークショップは全部で3回。一回目で私と岩井の作品紹介、2回目がその場で作るワークショップと課題出し、3回目が学生の課題プレゼンでした。
私の主な出番だった1回目の作品・作家紹介は、なんと、ぶっ続けで90分かかりました!3時間授業で助かりました。

まずは日本語で「トマトさん」の読み聞かせをしました。読む前に、「オノマトペをこだわって書いたので、音を楽しんでくださいね」という前置きを。これは英語で翻訳しながらだと辿々しくなってしまうので、まずは普通の読み聞かせがどんなものか知ってもらう意味も込めて行いました。

学生の反応がいいので、結局のところ「おきにいり」「ウルサニギヤカ」「シーッ!」も英訳しながら読みました。
絵本を紹介しながら、銅版画の技法説明も。実際に銅版を持参して、制作方法の説明をしました。銅版画にはいくつもの技法があるので、そのしくみを説明。これは、「メディアアーツ」の分野が技法や技術に重きをおいていることとのつながりを感じてのことです。

最後に、今制作中の「くろいの」のラフを読み聞かせ(その場で英訳)、原画を見せながら作品の背景などを話しました。
その読み聞かせなのですが、やはり私自身の思い入れが伝わったのか、学生もとても熱心に聞き入ってくれました。レクチャーのあと、「新しい本が出たら買いたいです!」と何人もの学生が言ってくれて、内心「よっしゃ!」というところ(笑)
あとで録音を聴いたところ、超スローな語りでしたが。

学生の頃、臨時講師の池田満寿夫さんの授業を受け、作品の内容はもとより人柄や、情熱に圧倒されたことを思い起こして、できるだけ作品や作家活動への愛を伝えようと思った結果でありました。

新作を製作しています。

今制作中の絵本作品について、そろそろ予定も決まってきたので、言及し始めました! インスタグラム、Webインタビュー、MOEのアンケート記事などで徐々に、様子をお伝えしています。

以前から温めて居たキャラクター、「くろいの」が、ある女の子の日常にひょっこりまぎれ込み、壁の向こうならぬ、天井裏の上の世界に誘う。。というお話です。

子供の頃は、天井裏にコトコトコト、と足音が響くことがありました。天井って薄くて、とても身近に聞こえるのに、その向こうは想像するしかない世界。(子供でしたから。今なら、自分で掃除しなければならないでしょうけど!)
また夜の闇など、自分が普段行けない場所がふんだんにありました。日常にたいくつしたり、ちょっと辛かったりしたとき、そんな知らない世界に思いを馳せて遊ぶことがよくありました。

本の世界も、そうだと思います。ちょっと行ってきて、ドキドキして、心を新たに帰ってこれる場所。だから私は、絵本をつくるとき、その中をできるだけ広くしたいと思い、他の絵本とは違うこと=バリエーションを造っていくこと、に興味を持っています。

「くろいの」の絵本を作り始めたのは、娘が2歳のとき。それから保育園を利用し始めて、今娘は年中さんですが、本の完成は来年になります。保育園の4年間をほぼ捧げるかたちになった作品です。というのも、今回の原画はモノクロの銅版画。本当は1枚に1ヶ月もかかるような技法なので、最短でも2週間(10日間)仕上げ。途中で何度も、「こんなことしてて何になるのかなア」「本当に読者を喜ばせることができるのか」と思いましたが(笑)とにかくひとつ、成し遂げなければ次に行けないと思い、今のベストを尽くしています。

くろいの
くろいの 制作中です!

妖怪メモリーカード

イタリア・ヴェネト州でこの秋行われている、“Le immagini della Fantasia” (サルメデ絵本原画展)に合わせ発刊された、「妖怪メモリーカード」にイラスト2点提供させていただきました。ローマにあるELSEというシルクスクリーン工房で、丁寧に作られた逸品です!写真はELSE工房より。まだ実物を見て居ませんが、日本に届くのが楽しみです。私は、カッパと子泣き爺を担当。
参加作家(敬称略)/降矢奈々、山本久美子、むらかみひとみ、Kotimi 、つるたにこうき、田中清代

インスタ始めました

近況です。
少し前から、インスタグラムを始めました。製作中の作品画像などを中心にアップしています。
https://www.instagram.com/kiyotanaka_pbart/

今製作中の絵本が来年の秋に出版されることになり、同時に東京、湯河原で個展もすることになりました。
久しぶりの絵本出版と展覧会なので、すこしづつ周知をできたらいいなと!

今年は、福音館書店こどものとも年少版9月号の折り込みに「私の子供時代」というエッセイの掲載、母の友11月号に1日1話の短編「さすらいのブン」の書き下ろし。
それから、イタリア サルメデという町の絵本原画展の企画で、「妖怪メモリーカード」にイラスト提供をしました。
絵本制作のスケジュールがきつく、ウェブ更新にまだまだ手がまわりませんが(汗)、まずは、インスタとフェイスブック(田中清代ページもつくったばかり)などでご報告しています。

出会い

先日下北沢にて、多摩美学生の作品展の会場ちかくに見つけた「うさぎの絵本」というカフェに行きました。
友人たちと会う予定だったのです。子連れだったので、子供が退屈しないで遊べそうなカフェを見つけた!という軽い気持ちで伺ったのですが、壁に設置された絵本の棚に、「トマトさん」がどーんと置いてありました。
嬉しくなった私は折りをみて、オーナーらしき方に作者と名乗りました。
そうしたら!! 予想以上に喜んでくださって、私もびっくり。
加えて、サイト更新とツイッターが滞っていることで、体調を崩したのかと心配してくださっていたとか…。
本にサインをさせていただいて、お土産まで頂いてしまいました☆
こんな偶然の出会いってあるんだなあ〜〜 と。
とても感慨深く、嬉しい出来事でした。

と同時にウェブに関しては、読者のみなさまに対して無頓着をしてしまっているのだなあと反省しきりです。

改めて自分のブログを見返してみると、なるほど、出産のことを全く書いていませんでした。
2012年10月に第一子、娘を出産しまして、1年半ほど絵本の仕事をお休みしていました。
2014年〜保育園に娘を預けて、仕事を再開。今は、作絵の絵本を製作中です。

子育てで心境が変化したまま、仕事を再開してもサイトの方に気持ちが向いていませんでしたが、
新しい絵本の完成に向けて、ウェブ上でも徐々に情報、近況等をアップしていこうと考えております。
どうぞよろしくお願い致します。

「気のいい火山弾」の原画が展示されます。

「気のいい火山弾」のサイン
「気のいい火山弾」のサイン

4月15日から、八ヶ岳小さな絵本美術館で「10人の絵本作家が描く宮沢賢治展」が始まります。
私は「気のいい火山弾」の原画を出品しています。

とても良い雰囲気の美術館で、以前から展示できたらなあと思っていた場所です。嬉しいです。
会場で販売される絵本30冊にサインをしました。
下の方の黒いのは火山弾ですが、これはハンコ屋さんに注文して作ったゴム版です。
真っ黒のようですが、うっすら顔が見えるようになっています。

「気のいい火山弾」の原画は毎度のことですが、銅版画雁皮刷り+がっつりの手彩色で制作しました。
登場する岩たちと、銅版画のタッチの相性が良かったと思います。インクの質感や、生成り色の紙のうえに白や浅葱の絵の具をのせているところが、原画でみるとより味わいがあると思います。

私の楽しみは、小さな絵本美術館のコレクションを観られること。フェリクス・ホフマンの銅版画が見られるといいなあ〜。

「うおいちば」が単行本になりました!

2009年に、かがくのともで発行されていた「うおいちば」(安江リエ・ぶん 田中清代・え 福音館書店)が2016年10月に単行本として、書店で購入できるようになりました!

うおいちば ハードカバー♪
うおいちば ハードカバー♪

仲買業者さんの家の小さい女の子「きよ」が、おじいちゃんにつれられて魚市場を見て回ります。

漁船がついて魚を水揚げする様子を見たり、おばあちゃんの大好きな金目鯛を探して、それを仲買の仕事をしているおかあさんがせり落とします。

普段なかなか目にすることのない、早朝の競りの時間の魚市場。
実際にいろいろなシーンを取材するなかで、たくさんの発見があり、どれも削り難く…盛りだくさんの内容です!
読み聞かせをすると、安江リエさんの文章に、子供たちがぐいぐいと引き込まれていくのが分かります。

沼津魚市場を数年かけて取材しました。
沼津といえば駿河湾!!
今人気の深海魚が並んでいたり、巨大なマンボウが無造作に置かれていたり。
そして市場からは、海の向こうにおおきな富士山が見えました。

無意識にやっていたこと

先日、美大などで教えている、フィンランド出身の評論家の方に
絵本の感想を伺う機会がありました。

曰く、私の絵本は…
”本の画面を見開き・断ち切りでいっぱいに使っており
なおかつモチーフをはみ出させることで
キャラクターを近くに感じたり、
ページの外にイメージがひろがっていくようになって
感情表現や躍動感がより強くできたりしているんだね!
映画的手法(が効果的)ですね!”

とお褒めいただきました。
なるほど〜!
実は無意識にやっていたことなのですが、
改めてそう言われると、たしかに頷けるのでした。

今作っている本は、絵の外に余白を入れていて
これまた、ちょっと違うのですが
意識してやってみたらまた、
違う世界が見えるのかもしれないな…と思いました。

久々近況です

ご無沙汰をしています!

このところは、こちらのサイト更新がすっかり止まってしまっていました。

動きが鈍くなった2008年のMacbookProから、久しぶりに買い替え、前から持っていたDreamWeaverが一応動くことがわかったので、ようやく少々手を入れています。

仕事の注文をくださった方にはお知らせをしておりますが、実は絵本制作の方も2012年からお休みをいただいております。折角の子育てのチャンス!しっかり吸収したい!というところです。まだ2年ですが、あまりの密度に、以前は不思議だった「話題が100パーセント子供のことになる」ことがなるほどと思えてきました。「親ばか」の効用というか、すごさも感じます。また身の回りに私と同年代の高齢出産組の多いことにも驚かされています。仲間が多いことは、私にとっては心強いことです。

(お休みをいただいているとはいえ、福音館書店から発売された「こんにちは また おてがみです」の原画などを書きましたし、絵本の構想を考えることは、少しづつですが、しています。)

このごろのお気に入りは、娘と庭に出ること。好奇心旺盛なちびっ子に引っ張られて歩き回っていると、じっとしている蠅がいたり、寒い中にもてんとう虫がいたり。私は庭に出るとなにかしら作業がしたくなってしまうのですが、草取りした雑草を「ナイナイ」といって庭のすみに運んでくれる、ちょっと働き者な娘です。こういうことも、一時のことなのかもしれませんね。

「みつけたよ さわったよ にわのむし」が単行本になりました

みつけたよ さわったよ にわのむし
みつけたよ さわったよ にわのむし

2007年の「かがくのとも」で出版された「みつけたよ さわったよ にわのむし」(澤口たまみ 文 田中清代 絵)が、今年春に単行本化され、書店で扱われるようになりました。
身近だけれど、ちょっと人気がないかも?と思う虫たちを愛情を込めて描いた絵本です。
澤口たまみさんの軽妙なストーリーで、読聞かせでは子どもたちが乗り出してきて、とても盛り上がりますよ!

我が家ではこの絵本にも出てくる「ゲジ」が時々出没するのですが、
益虫としてそっとしておくようにしています。