出会い

先日下北沢にて、多摩美学生の作品展の会場ちかくに見つけた「うさぎの絵本」というカフェに行きました。
友人たちと会う予定だったのです。子連れだったので、子供が退屈しないで遊べそうなカフェを見つけた!という軽い気持ちで伺ったのですが、壁に設置された絵本の棚に、「トマトさん」がどーんと置いてありました。
嬉しくなった私は折りをみて、オーナーらしき方に作者と名乗りました。
そうしたら!! 予想以上に喜んでくださって、私もびっくり。
加えて、サイト更新とツイッターが滞っていることで、体調を崩したのかと心配してくださっていたとか…。
本にサインをさせていただいて、お土産まで頂いてしまいました☆
こんな偶然の出会いってあるんだなあ〜〜 と。
とても感慨深く、嬉しい出来事でした。

と同時にウェブに関しては、読者のみなさまに対して無頓着をしてしまっているのだなあと反省しきりです。

改めて自分のブログを見返してみると、なるほど、出産のことを全く書いていませんでした。
2012年10月に第一子、娘を出産しまして、1年半ほど絵本の仕事をお休みしていました。
2014年〜保育園に娘を預けて、仕事を再開。今は、作絵の絵本を製作中です。

子育てで心境が変化したまま、仕事を再開してもサイトの方に気持ちが向いていませんでしたが、
新しい絵本の完成に向けて、ウェブ上でも徐々に情報、近況等をアップしていこうと考えております。
どうぞよろしくお願い致します。

「気のいい火山弾」の原画が展示されます。

「気のいい火山弾」のサイン
「気のいい火山弾」のサイン

4月15日から、八ヶ岳小さな絵本美術館で「10人の絵本作家が描く宮沢賢治展」が始まります。
私は「気のいい火山弾」の原画を出品しています。

とても良い雰囲気の美術館で、以前から展示できたらなあと思っていた場所です。嬉しいです。
会場で販売される絵本30冊にサインをしました。
下の方の黒いのは火山弾ですが、これはハンコ屋さんに注文して作ったゴム版です。
真っ黒のようですが、うっすら顔が見えるようになっています。

「気のいい火山弾」の原画は毎度のことですが、銅版画雁皮刷り+がっつりの手彩色で制作しました。
登場する岩たちと、銅版画のタッチの相性が良かったと思います。インクの質感や、生成り色の紙のうえに白や浅葱の絵の具をのせているところが、原画でみるとより味わいがあると思います。

私の楽しみは、小さな絵本美術館のコレクションを観られること。フェリクス・ホフマンの銅版画が見られるといいなあ〜。

「うおいちば」が単行本になりました!

2009年に、かがくのともで発行されていた「うおいちば」(安江リエ・ぶん 田中清代・え 福音館書店)が2016年10月に単行本として、書店で購入できるようになりました!

うおいちば ハードカバー♪
うおいちば ハードカバー♪

仲買業者さんの家の小さい女の子「きよ」が、おじいちゃんにつれられて魚市場を見て回ります。

漁船がついて魚を水揚げする様子を見たり、おばあちゃんの大好きな金目鯛を探して、それを仲買の仕事をしているおかあさんがせり落とします。

普段なかなか目にすることのない、早朝の競りの時間の魚市場。
実際にいろいろなシーンを取材するなかで、たくさんの発見があり、どれも削り難く…盛りだくさんの内容です!
読み聞かせをすると、安江リエさんの文章に、子供たちがぐいぐいと引き込まれていくのが分かります。

沼津魚市場を数年かけて取材しました。
沼津といえば駿河湾!!
今人気の深海魚が並んでいたり、巨大なマンボウが無造作に置かれていたり。
そして市場からは、海の向こうにおおきな富士山が見えました。

無意識にやっていたこと

先日、美大などで教えている、フィンランド出身の評論家の方に
絵本の感想を伺う機会がありました。

曰く、私の絵本は…
”本の画面を見開き・断ち切りでいっぱいに使っており
なおかつモチーフをはみ出させることで
キャラクターを近くに感じたり、
ページの外にイメージがひろがっていくようになって
感情表現や躍動感がより強くできたりしているんだね!
映画的手法(が効果的)ですね!”

とお褒めいただきました。
なるほど〜!
実は無意識にやっていたことなのですが、
改めてそう言われると、たしかに頷けるのでした。

今作っている本は、絵の外に余白を入れていて
これまた、ちょっと違うのですが
意識してやってみたらまた、
違う世界が見えるのかもしれないな…と思いました。

久々近況です

ご無沙汰をしています!

このところは、こちらのサイト更新がすっかり止まってしまっていました。

動きが鈍くなった2008年のMacbookProから、久しぶりに買い替え、前から持っていたDreamWeaverが一応動くことがわかったので、ようやく少々手を入れています。

仕事の注文をくださった方にはお知らせをしておりますが、実は絵本制作の方も2012年からお休みをいただいております。折角の子育てのチャンス!しっかり吸収したい!というところです。まだ2年ですが、あまりの密度に、以前は不思議だった「話題が100パーセント子供のことになる」ことがなるほどと思えてきました。「親ばか」の効用というか、すごさも感じます。また身の回りに私と同年代の高齢出産組の多いことにも驚かされています。仲間が多いことは、私にとっては心強いことです。

(お休みをいただいているとはいえ、福音館書店から発売された「こんにちは また おてがみです」の原画などを書きましたし、絵本の構想を考えることは、少しづつですが、しています。)

このごろのお気に入りは、娘と庭に出ること。好奇心旺盛なちびっ子に引っ張られて歩き回っていると、じっとしている蠅がいたり、寒い中にもてんとう虫がいたり。私は庭に出るとなにかしら作業がしたくなってしまうのですが、草取りした雑草を「ナイナイ」といって庭のすみに運んでくれる、ちょっと働き者な娘です。こういうことも、一時のことなのかもしれませんね。

「みつけたよ さわったよ にわのむし」が単行本になりました

みつけたよ さわったよ にわのむし
みつけたよ さわったよ にわのむし

2007年の「かがくのとも」で出版された「みつけたよ さわったよ にわのむし」(澤口たまみ 文 田中清代 絵)が、今年春に単行本化され、書店で扱われるようになりました。
身近だけれど、ちょっと人気がないかも?と思う虫たちを愛情を込めて描いた絵本です。
澤口たまみさんの軽妙なストーリーで、読聞かせでは子どもたちが乗り出してきて、とても盛り上がりますよ!

我が家ではこの絵本にも出てくる「ゲジ」が時々出没するのですが、
益虫としてそっとしておくようにしています。

この夏、3つの原画展

この夏、3つの原画展/絵本展に出展することになりましたので、お知らせします。

ブラティスラヴァ世界絵本原画展―広がる絵本のかたち
2012年7月14日(土)~9月2日(日)
うらわ美術館ギャラリーA・B・C
http://www.uam.urawa.saitama.jp/
田中=「気のいい火山弾」原画

第27回現代絵本作家原画展「絵本の中のどうぶつたち」
24年7月6日(金曜日)から8月19日(日曜日)
※月曜日休館
東広島市立美術館
http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/
http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/soshiki/61/jikaitennrannkaiyokoku.html
田中=「ねえ だっこして」「みずたまのチワワ」「長ぐつをはいたネコ」原画

おいでよ!絵本ミュージアム2012~未来へGO~
7月25日(水)~8月25日(火)
福岡アジア美術館
http://www.kodomo-abc.org/ehonmuseum2012/index.html
田中=巨大な立体トマトさんが出現します!壁面の大きなグラフィク(立体トマトさんの背景画)の原画を描きおろします。「トマトさんの観察日記」も展示予定。7/26にはワークショップ(定員20組、有料、要申し込み)も。

このうち、実際に会場でイベント等出演とWSをするのは福岡の「絵本ミュージアム」のみになります。
興味をもたれた方は、HP等見て頂ければ嬉しいです。

COMITIA 100に出展します

会議机半分の大きさの売り場です。
会議机半分の大きさの売り場です。

5月5日、東京ビッグサイトで開催される「COMITIA100」(創作同人誌即売会。形式や雰囲気はコミケと似ているイベント)に出展します。10年(15年?)以上ぶりですが、以前、このイベントのカタログ「TIA’S MAGAZINE」に表紙絵を描いた人ということで、100回記念の特別企画で招待を頂きました。私は高校生〜大学生のころに参加していました。

写真は、家で当日の机をシミュレーションしてみました。(旧作ばかりなのが情ない!)一応新刊「クロロとパタタ」を作りました。40Pの絵本です。以前没になった絵コンテをもとに、全ページラフな鉛筆画で描きおろしたものです。印刷所に発注するのも久しぶりで緊張しましたが、なんとか間に合いました。
この黒いキャラクターは出版社からいつかお目見えできるよう、永いこと温めており、そちらはまた全く違う形になると思います。

同人誌を作っていた頃は、当日に本を持っていくことだけで精一杯でしたので、こんな風にディスプレイの準備をするのは初めてです! どんな方が本やポストカードを手に取ってくれるのか、楽しみです。

新しい「長ぐつをはいたネコ」ができました!

「長ぐつをはいたネコ」ブロンズ新社より。
「長ぐつをはいたネコ」ブロンズ新社より。

新刊の絵本のお知らせです!!
「長ぐつをはいたネコ」
2012年12月配本
石津ちひろ 抄訳/田中清代 絵/シャルル・ペロー 原作
ブロンズ新社  A4版 32ページ 1500円

おなじみの名作「長ぐつをはいたネコ」が新たな解釈で絵本になりました!

……貧しい粉屋の息子が、亡くなったお父さんから引き継いだのは、たった一匹のネコ。がっかりした息子でしたが……
ちょっと生意気なネコと、素直な息子のコンビネーションで、びっくりするような運命を切りひらいていきます。音のリズムや調子が工夫された文章で、楽しく読み聞かせができます。どんどん変わる場面、つぎつぎに起こるありえない(!)事件を、この絵本で楽しんで頂けたら嬉しいです。

この絵本の制作にあたって、私の工夫したところは、石津ちひろさんの軽妙な演出を最大限に活かすためにどんな絵を描くかということでした。
名作ということもあり、いままでの「長ぐつ」とは違うイメージの絵本にしたいと思いました。

まず、この絵本の演出として、とてもコミカルなお話の各場面において、一目で面白味が伝わるようにしました。「絵でおかしみを伝える」という考えを柱に、”この場面では粉屋の息子はどんな表情をしているだろう?”とか、”ネコの性格をよく表す姿ってどんなかな?”とか、”この場面は一枚の絵だけれど、次に起こることを想像して笑えるようにしたいなあ” など、いろいろと考えました。

「マッシュポテトみたいに、つぶしてやるからな!」
「マッシュポテトみたいに、つぶしてしまうからな!」思い切った構図、色彩に挑戦しました

また、原画を作る段階では、私としては初めて、Macを使ってデータ入稿に挑戦しました。コンピューターを使っても私らしさを出せるように、普段版画に使っている和紙をスキャンして使用したり、木版画やリトグラフの色版をイメージして色をつけたりしました。

主線は紙に鉛筆で描いてスキャンしました。そのあと、Photoshopを使用して色をつけました。いつもの紙の原画では水彩絵具などでじかに塗るのですが、コンピューターを使った場合、失敗を恐れる気持ちが少なく、色選びを普段よりも大胆にできたので、他の私の絵本よりも色があざやかになっています。色の印象の違いを感じてもらえたら嬉しいです。

制作しながら、古典を絵本化する難しさと同時に面白さを感じたことがあります。麦畑の資料を探していたときの事です。ブリューゲルの絵に麦畑の絵があったのですが、見渡すかぎりの広大な畑が、金色の麦のふとんで覆われているように見えました。その麦のぎっしりと大地をおおう様子が「豊かさ」を象徴しているなあとしみじみと伝わってきたのです。この絵本でも、時代を超えた感覚を絵で伝えたいなと思いながら作りました。

……などなど、いろいろな過程を楽しんで作った絵本です。

書店で見かけたら、ぜひ手に取って、見てみて下さい!!

「長ぐつをはいたネコ」をamazon.co.jpで見る!

ブロンズ新社

高村光太郎の詩集に絵を描きました!

高村光太郎
智恵子の切り絵をイメージした表紙

2011年10月に出版されたを高村光太郎の詩集をご紹介します。

「日本語を味わう名詩入門8 高村光太郎」
萩原昌好 編
田中清代 画
あすなろ書房
1500円

この詩集は、小学校高学年から大人までを対象に編纂されたあすなろ書房の「日本語を味わう名詩入門」というシリーズの一冊です。これまでに宮沢賢治、金子みすゞなどが出版されていて、それぞれに違う画家が挿絵を描いています。私はその8冊目「高村光太郎」の挿絵を担当しました。

この本には、光太郎の初期から晩年まで25篇の詩が掲載されていて、一篇の詩ごとに、文学研究者の萩原昌好さんの解説文がついています。挿絵は全部で25点描き下ろしました。

私は今回、挿絵だけでなく、掲載する詩を選ぶのにも参加させてもらいました。
実は私は大学生のころ、高村光太郎の詩が好きで、一人で音読をしたりしていました。それで特に光太郎の詩には思い入れがあったのです。

最初候補になかったもので、私が推薦して入れてもらったのは、「火星が出ている」「人類の泉」「手紙に添えて」など、光太郎の文学者というよりは彫刻家/芸術家としてのものの見方や生き方を表した詩です。子どもたちに、人生の含蓄ばかりでなく、光太郎の若々しい情熱や反骨心に共感してもらいたいという気持ちがあります。

中の挿絵は鉛筆画を深緑色のインクで刷ってもらいました。少しクリーム色のあたたかみのある書籍用紙で、めくっていて気持ちがいい感じの仕上がりになったと思います。表紙は光太郎の妻で画家でもある、智恵子が晩年病床で夢中になったという切り絵に触発されて、私も初めて切り絵に挑戦してみました。

少しストイックな、でも人間味にあふれた高村光太郎の詩に子どもたちが初めてふれる本として、ふさわしいものになっているといいなと思います。

「火星が出ている」の見開きページ
「火星が出ている」の見開きページ



「高村光太郎 (日本語を味わう名詩入門8)」をamazon.co.jpで見る

あすなろ書房のHP