手作り絵本

今取りかかっているのは手作り絵本です。
BLUE BOOK GROUP展で知り合ったアーティスト、エリック ロラン ベラガンバさんが文章を、私が絵を描いて、手製本の絵本を作って、新宿の紀伊国屋書店/南口店で1月14日〜22日開催の「YOUNG ARTIST BOOK FAIR」で販売予定(店頭では5部限定)です。またまたえらく時間が無いのですが…。学生みたいなノリで気が引けますが…楽しいです。
私がお話を書いて、エリックさんが絵をつけた「わたしのたからもの」も出品/販売します。

ほかに仕事の絵本のラフ、年明けに4本。
今度こそはお正月気分を味わえないかもしれません。

良いお年を!
Passez un bon jour de l’an!

Merry Christmas♪

クリスマス
クリスマス

「小さいイーダちゃんの花」より。この花束は、デンマークのカーニバルで使うもので、クリスマスとは関係が無いのですが…。

幼友達

おひるごはん
おひるごはん

幼友達が2歳の息子をつれて遊びに来て、久々、旧交を暖めました。
今日一番嬉しかったのは、彼女と遊んでいたころ(幼稚園〜小2まで)が一番楽しかったねえ、という意見が一致したこと。
私もそう思っていたので、機会があれば「小1くらいが一番幸せだと思ってたし、楽しかった時代です」と話してみるんだけれど、人によって「人生の楽しい時期」が違うようで、「私はあの頃には絶対戻りたくないな」という人も結構いるな〜と感じていました。だから、やっぱりあの頃、彼女と波長が合ってたのはそういう一致もあるのかなあ、と。
結局私が引っ越しをして、離ればなれになってしまったのですが、何年かは文通をしていて、お互いに自分の好きな漫画を教え合ったりして、私が展示をするようになってからは3年おきくらいになんとなく会う機会があって、なんだかんだいって毎度同じこと(当時の遊びなど)を話すので、曖昧になりかかっていた子どもの頃の記憶を「あれは現実だったんだ」と感じさせてくれる、本当に貴重な友です。

引っ越しをしてからも外でやんちゃに遊ぶ子どもで、普段楽しくしていたんですけれども、そのころから母が病気になったり、友達付き合いに悩みはじめたりして、天真爛漫という時期を超えてしまったと記憶しています。

同級生ってそれだけでうれしいような気がするのって、どうしてでしょうね。
最近少し年下の人と話す機会が多かったので、「同世代か!」と思うとハッとすることがあります。

料理教室

以前にインタビューをして頂いた、マザールのあべみちこさんからお誘いがあって、先日、料理教室に参加しました。

お正月料理
お正月料理

お正月料理というテーマでした♪

実は学校での家庭科以来、料理の経験者から直接学んだのは初めてだということに気がつきました。講師は蓬原泉さん。先生がレシピを作るために試行錯誤をした話を伺うと、その結果を教えてもらえるなんて、すごいことだ!と一人で感心してしまいました。と同時に、母に料理を教えてもらう機会が無かったのも残念だなあと。記憶のかぎり、今の私同様料理嫌いだったような気がするけれど。これからはもうちょっと真面目に、おかずの作り方を夫に訊こう…と反省しました。

生徒さんは私も含めて4人で、先生含めて5人で和気あいあいと料理を作り、最後においしく頂くので、なんだか勉強って感じがしなくて、とってもグーです。
関係ないのですが、当日短い時間で6品作らせて頂いたので、よくあるTVクッキングの「で、ここに調理済みの…」と時間短縮するアレのように、電子レンジの活用法を沢山教えて頂いたのですが、実は私の家にはレンジが無い。う〜ん、やはり文明の利器は時間を短縮するものなんだ、などと当たり前の事に改めて唸ってしまいました…。

お話を考える

しばらく絵を描いて過ごしていたので、お話を考える環境を整えようといろいろ、画策しています。学生のころは絵を描きながらもお話が考えられたのですが、最近は絵を描き始めるとそちらに忙殺されてしまい、平行して進めるのが難しいな、と感じていました。
なので、さしあたって時間の余裕をつくることが、第一の課題です。
これが意外とむずかしい。
なにしろ職業上の仕事は一人でやっているので、一方にはきちんとやればフルタイムでもいいくらいの事務仕事があり、また一方には家事があり、そして本業があり、さらに課外活動や勉強があり…。
どうしても取捨選択をしなければなりません。

結局は、減らすことよりも増やすこと。つまり、お話を考えることに時間を使うことで、他のことに手が回らなくても我慢出来るようにする、という方法が一番てっとり早いようです。

物語を書くことを意識していると、ものの見え方も違って来ると感じます。一時期、もうお話は書けなくなっちゃうんじゃないかと、不安に思っていたこともあるのですが…やはり時間との付き合い方の問題なんだな、と思うこの頃です。