紙版画のワークショップ

小さな絵本美術館での読み聞かせとワークショップ

1
「くろいの」の読み聞かせ
2
「トマトさん」や、学生時代に版画で作った絵本も読みました。

2019年9月22日に、午前中に読み聞かせ、午後にワークショップを開催しました。
読み聞かせの部屋は明るくて居心地の良いところでした。みんなほっこり。作品作りのお話と、「おしいれの歌」披露もしました。

 

午後のワークショップは、サンルームになっているテラスで。
ここも光があかるくて、お庭と繋がっていて開放感のある場所です。
少人数で和気あいあいと制作することができました♪
りんご農園と兼業の美術館なので、美味しいストレートジュースも振舞われました!

3
まずはサンプル作品を作ります!その場で版を描いていきます。版の材料が、アルミ張り紙パックの裏側、というところがポイント。
4
刷り作業。インクを拭き取っているところ。
5
親バカですが娘がモデルです(笑)
6
早速、みんなで描き始めます。
7
プレス機の代わりにパスタマシーンを使います。
9
素敵な作品が刷りあがりました!
10
一年生も自分でハンドルを回します!
11
さとうわきこさん。久々の再会でした。
後列左端が館長の武井さんです!作品を手にして、みんな嬉しそう。とても充実した時間でした。
13
「えほけん」つながりのもえさん。
きたじまごうきさんの絵本、良いです。

 

 

 

 

 

 

 

ところで、偶然多摩美の絵本創作研究会OBの(旧姓)三浦もえさんが近くに住んでいて、家族で参加してくれました。なんとその旦那様が、同じギャラリーで次に展示予定だった、きたじまごうきさんでした。不思議なご縁にびっくり!
イベントの後に、館長、わきこさんと一緒に、ゆっくり交流することができました。
みなさんと再会でき、また八ヶ岳館の運営と両方頑張っている学芸員のお二人にも出会えて、本当に嬉しかったです。

小さな絵本美術館での展覧会(2019年)

長野県、下諏訪郡の小さな絵本美術館での個展のご報告です。

小さな絵本美術館の外観です。
「くろいの」の原画全点(BIB展出展が後から決まったため、一部版画の別刷りを展示)と、ガラスケースにラフなどの資料を展示しました。

田中清代最新作『くろいの』絵本原画展
2019年 9月13日(金)~ 11月4日(月)
小さな絵本美術館岡谷本館にて開催されました。
こちらで個展をさせていただくのは2回目で、その時は「トマトさん」と「おばけがこわいことこちゃん」を展示したと思います。

「ばばばあちゃん」のシリーズで有名な、さとうわきこさんと旦那様の武井さんが開いた美術館です。私はとてもこだわりのある、硬派な美術館だなあと思っていて、以前から大好きなのです。が、地理的な遠さ等の事情から、原画を出展したグループ展の時にさえ行けないまま14年程が経過……。今回「くろいの」展を企画していただき感謝です!

ガラスケースがあったので、普段は展示できないラフスケッチや版などを展示してみました。

ガラスケースの1段目。
2〜4段目。
左:銅版画の手作り絵本。右:ちび版画
右端は、2001年の「くろいの」
採用しなかった絵柄のラフスケッチ。
屋根裏で遊ぶシーンのいろいろなパターン
奥:見開きそれぞれに絵を配置してみた 手前左:2段階目のラフ 手前右:いちばん最初の頃のラフ
左:裏表紙の絵柄の版 右:途中段階の試し刷り

周りがどんどん開発されて風景が変わっていく中、展示棟を建て増しされたのもだいぶ前だと思うのですが、そちらの展示室を初めて拝見できました。
「くろいの」の展示もその1Fでした。2Fには常設展示があります。
私の楽しみは常設の武井コレクションを見ることです。とくにカリジェやラダ、ホフマン、フィッシャーの作品が見られるのは貴重です。本国でも本格的にはコレクションされていない作家もいるそうで、美術館の役割を果たそうと頑張っている姿勢にも打たれました。若い学芸員さんもいますよ!

展示のたびに(概ね)作っている「ぷわぷわ新聞」という紙を会場に置いてもらいました。ガラスケース内の解説があるので、今回は特別にアップします。 次の記事で、楽しかったワークショップのご報告をしたいと思います。