無意識にやっていたこと

先日、美大などで教えている、フィンランド出身の評論家の方に
絵本の感想を伺う機会がありました。

曰く、私の絵本は…
”本の画面を見開き・断ち切りでいっぱいに使っており
なおかつモチーフをはみ出させることで
キャラクターを近くに感じたり、
ページの外にイメージがひろがっていくようになって
感情表現や躍動感がより強くできたりしているんだね!
映画的手法(が効果的)ですね!”

とお褒めいただきました。
なるほど〜!
実は無意識にやっていたことなのですが、
改めてそう言われると、たしかに頷けるのでした。

今作っている本は、絵の外に余白を入れていて
これまた、ちょっと違うのですが
意識してやってみたらまた、
違う世界が見えるのかもしれないな…と思いました。

投稿者:

Kiyo Tanaka

絵本作家/銅版画家