「うおいちば」が単行本になりました!

2009年に、かがくのともで発行されていた「うおいちば」(安江リエ・ぶん 田中清代・え 福音館書店)が2016年10月に単行本として、書店で購入できるようになりました!

うおいちば ハードカバー♪
うおいちば ハードカバー♪

仲買業者さんの家の小さい女の子「きよ」が、おじいちゃんにつれられて魚市場を見て回ります。

漁船がついて魚を水揚げする様子を見たり、おばあちゃんの大好きな金目鯛を探して、それを仲買の仕事をしているおかあさんがせり落とします。

普段なかなか目にすることのない、早朝の競りの時間の魚市場。
実際にいろいろなシーンを取材するなかで、たくさんの発見があり、どれも削り難く…盛りだくさんの内容です!
読み聞かせをすると、安江リエさんの文章に、子供たちがぐいぐいと引き込まれていくのが分かります。

沼津魚市場を数年かけて取材しました。
沼津といえば駿河湾!!
今人気の深海魚が並んでいたり、巨大なマンボウが無造作に置かれていたり。
そして市場からは、海の向こうにおおきな富士山が見えました。