U.C.L.A.に行ってきました。

UCLA_PHOTO
UCLA DMAの学部生たち。真剣です!

2月、家族3人でカルフォルニア大学L.A.校に行ってきました!
夫(岩井俊雄)の招待に動いてくださったのが過日作品についてコメントを下さった、フィンランド人の先生でしたが、その方と交流を重ねたこともあり、私も講師として学部生のワークショップに参加することに。

学生たちは、芸術学科のDesign Media Arts 専攻。
お題は「イノベーティブな子供の本をつくろう!」でした。
岩井俊雄とのダブル講師です。
WSの内容も決まっていなかった時には、版画の技法を説明するくらいでいいか?と思っていたものの、考えるうちに自分が今情熱を持ってやっていることを学生に見てもらおう!という思いが湧いてきて、製作中の「くろいの」のラフと、原画を持って行きました。

ワークショップは全部で3回。一回目で私と岩井の作品紹介、2回目がその場で作るワークショップと課題出し、3回目が学生の課題プレゼンでした。
私の主な出番だった1回目の作品・作家紹介は、なんと、ぶっ続けで90分かかりました!3時間授業で助かりました。

まずは日本語で「トマトさん」の読み聞かせをしました。読む前に、「オノマトペをこだわって書いたので、音を楽しんでくださいね」という前置きを。これは英語で翻訳しながらだと辿々しくなってしまうので、まずは普通の読み聞かせがどんなものか知ってもらう意味も込めて行いました。

学生の反応がいいので、結局のところ「おきにいり」「ウルサニギヤカ」「シーッ!」も英訳しながら読みました。
絵本を紹介しながら、銅版画の技法説明も。実際に銅版を持参して、制作方法の説明をしました。銅版画にはいくつもの技法があるので、そのしくみを説明。これは、「メディアアーツ」の分野が技法や技術に重きをおいていることとのつながりを感じてのことです。

最後に、今制作中の「くろいの」のラフを読み聞かせ(その場で英訳)、原画を見せながら作品の背景などを話しました。
その読み聞かせなのですが、やはり私自身の思い入れが伝わったのか、学生もとても熱心に聞き入ってくれました。レクチャーのあと、「新しい本が出たら買いたいです!」と何人もの学生が言ってくれて、内心「よっしゃ!」というところ(笑)
あとで録音を聴いたところ、超スローな語りでしたが。

学生の頃、臨時講師の池田満寿夫さんの授業を受け、作品の内容はもとより人柄や、情熱に圧倒されたことを思い起こして、できるだけ作品や作家活動への愛を伝えようと思った結果でありました。