高村光太郎の詩集に絵を描きました!

高村光太郎
智恵子の切り絵をイメージした表紙

2011年10月に出版されたを高村光太郎の詩集をご紹介します。

「日本語を味わう名詩入門8 高村光太郎」
萩原昌好 編
田中清代 画
あすなろ書房
1500円

この詩集は、小学校高学年から大人までを対象に編纂されたあすなろ書房の「日本語を味わう名詩入門」というシリーズの一冊です。これまでに宮沢賢治、金子みすゞなどが出版されていて、それぞれに違う画家が挿絵を描いています。私はその8冊目「高村光太郎」の挿絵を担当しました。

この本には、光太郎の初期から晩年まで25篇の詩が掲載されていて、一篇の詩ごとに、文学研究者の萩原昌好さんの解説文がついています。挿絵は全部で25点描き下ろしました。

私は今回、挿絵だけでなく、掲載する詩を選ぶのにも参加させてもらいました。
実は私は大学生のころ、高村光太郎の詩が好きで、一人で音読をしたりしていました。それで特に光太郎の詩には思い入れがあったのです。

最初候補になかったもので、私が推薦して入れてもらったのは、「火星が出ている」「人類の泉」「手紙に添えて」など、光太郎の文学者というよりは彫刻家/芸術家としてのものの見方や生き方を表した詩です。子どもたちに、人生の含蓄ばかりでなく、光太郎の若々しい情熱や反骨心に共感してもらいたいという気持ちがあります。

中の挿絵は鉛筆画を深緑色のインクで刷ってもらいました。少しクリーム色のあたたかみのある書籍用紙で、めくっていて気持ちがいい感じの仕上がりになったと思います。表紙は光太郎の妻で画家でもある、智恵子が晩年病床で夢中になったという切り絵に触発されて、私も初めて切り絵に挑戦してみました。

少しストイックな、でも人間味にあふれた高村光太郎の詩に子どもたちが初めてふれる本として、ふさわしいものになっているといいなと思います。

「火星が出ている」の見開きページ
「火星が出ている」の見開きページ



「高村光太郎 (日本語を味わう名詩入門8)」をamazon.co.jpで見る

あすなろ書房のHP

お引越し

最近、海の近くへ引越しました。
家から碧い海が見えます。
港から船の音がきこえてきます。

家の周りはみかん畑。
(みかんの木には潮風が良いのだとか!)
長いこと、自分は山派だと思っていたのですが、
海と月に呼ばれたような気がしています!

久々の新刊

今年は「みつこととかげ」の書店販売、といううれしい再版がありましたが、新しい本がようやく出来ました。
高村光太郎の詩集で、装画をしました。
<日本語を味わう名詩入門8「高村光太郎」>あすなろ書房
私は光太郎の若い頃の詩と、「智恵子抄」が好きです。それで、智恵子の切り紙作品などもイメージした表紙になりました。(画像はニュースのページにあります)少し関わった選詩の方では、光太郎の詩の、すこし尖ったところや若々しさが出てくれればいいなと思いました。この本は、詩に初めて触れる中学生〜高校生を対象にしたものだと思うので、希望や、野心が見え隠れする方が、元気が出るのではないかなあと。
書店で見かけましたら、手に取ってみてもらえたら嬉しいです。

今年はもう一冊絵本「ながぐつをはいたネコ」が出る予定になっています。

「長ぐつをはいたネコ」

先日、長くとりかかっていた絵本「長ぐつをはいたネコ」の挿絵が仕上がりました。
今回はMacでの原画制作に初挑戦しました。
Macだから少しは早く仕上がるかも?と思ったら大間違いでしたが、でも、ぎりぎりまで粘って直しを出来たのが嬉しかったです。

コンピュータを使う時に、版画で培った感覚をいい具合に盛り込めたと思っています。また、原作のユーモラスなところを、活かした絵本に出来たのではないかと思います。

文は石津ちひろさん、出版社はブロンズ新社です。
表紙などのデザインを見るのがこれからなので、色校を含めて、本にしていくのが楽しみです。

「トマトさんと夏やさい」展

「トマトさん」と夏やさい展
「トマトさん」と夏やさい展

経堂にあるギャラリーショップ「URESICA」にて、展示が始まりました。お店に入ってびっくり!トマトさんの赤い色でとてもあざやかです。

田中の既刊もかなり仕入れて頂いており、他にトマトさんぬいぐるみ(特大)(M)(お手玉)(ストラップ)や、野菜に関連してセレクトされた絵本が充実。4人のイラストもビタミン一杯という感じです。

「トマトさんと夏やさい」展
参加作家/田中清代/嶽まいこ/鈴木高徳/Camiyama Emi/オカダン・グラフィック

2011年7月7日〜8月1日(月)12時〜19時 火曜水曜定休

URESICA SHOP & GALLERY
世田谷区経堂2-25-13 小田急線 経堂駅北口すずらん通り徒歩七分
03-3428-0807

フェアー期間延長中

田中清代フェアー@ジュンク堂書店新宿店
田中清代フェアー@ジュンク堂書店新宿店
フリーペーパー「らいおん」配布中です
フリーペーパー「らいおん」配布中です

ジュンク堂書店、新宿アルコット店で開催中の「田中清代フェアー」が6月30日まで開催されることになりました。会場の児童書売り場では、担当兼森さんが制作に関わっている児童書のフリーペーパー「らいおん」田中清代特集を配布中です。かなり突っ込んだ話をした飲みインタビューが掲載されています(笑)

なお、前回「置いてある」と書いた絶版の月刊誌は、営業の方がわざわざこのフェアーのためにフルページカラーコピー&製本をした見本でした。販売していませんので、売り場でじっくり見ていってください。

ジュンク堂書店新宿アルコット店でフェアー

畑でとれたてのとかげのしっぽです
畑でとれたてのとかげのしっぽです
田中清代フェアー開催中!
田中清代フェアー開催中!

5月1日〜5月31日まで、ジュンク堂書店新宿三越アルコット店にて、田中清代フェアーを開催中です。児童書担当者の兼森さんにお願いして、今回の一押し絵本として期間限定(来年7月まで)の再版絵本「みつこととかげ」を取り上げてもらいました。
しっぽを立体化してつるすのは、前からやってみたかったんですが、……やってくれてる!こんなふうにできるんだ〜と写真をみて感心!私もこれから見に行きたいなと思っています。普段書店では目にする機会が少ない在庫が満載ですので、ぜひ手に取って見てみて下さい。下の方に、絶版の月刊誌も置いてあります。私の個展でもここまでは揃いません〜。有り難いです。

ニヒル牛で展示中

3月3日に、ボックスギャラリー「ニヒル牛」での店内展示設営をしてきました。
今回の展示作品は、作ってから10年前後経っているけれども、思い入れのあるものが中心です。
「いとでんわ町のこどもたち」の原画数点、以前から時折展示している油絵の作品3点、自分の原点に近い銅版画の作品たちを数点、あと、「ちいさいものたち」シリーズや「イーダちゃん」のちび版画、ポストカード、「みつこととかげ」などを販売しています。お店の雰囲気にも合った、暖かみのある展示になりました。24日まで展示していますので、ぜひお立ち寄りください。

展示の全貌!
展示の全貌!
風船の絵を空中に配置♪♪♪
風船の絵を空中に配置♪♪♪

外から見える絵本ディスプレイ
外から見える絵本ディスプレイ
販売物など
販売物など

「みつこととかげ」見本が送られてきました。

待ちに待った、ハードカバー版の発売の日がやってきました。とはいえ、私は家で仕事中。本屋さんに見に行く事は出来ないのですが。
この絵本は、私の3冊目の本で、線や色彩などにわたしのやりたかった事を詰め込んだ作品で、再版されるのがとても嬉しいです。小さい読者から気に入られることも多くて、はまると千回くらい読まされる、らしいです(笑)ソフトカバー版のあちこちを補修したものを、以前に友人から見せてもらった時には、本当にうれしかったなあ。。

このごろ、思うところあって、絵本のラフの描き直し枚数を増やしました。沢山絵をかいていたら、絵がうまくなって来た気がしてきた(たぶん気のせい、笑)。自分の職業がなんなのか、ようやく一寸分かって来た田中です。

MOEの新年会

毎年書いているので、今年もMOEの新年会のことを一寸だけ書きます。
白泉社全体のパーティーと合同のこの会は、ホテルの大広間を使った、ちょっと豪華な雰囲気の立食パーティーです。
いつも、親しい人たちと会う以外の部分は少し違和感を持ち続けていたこの会なのだけれど、
今年はもう少しなじんで、どちらかというと「同窓会モード」で過ごしました。

パーティーの前に、MOE編集のMさんから、こんな話を聞きました。

「画家さんたちはとくに、こういうパーティーに来たがらないんだけれど、実は私たちも、もともとこういうの、得意じゃないんですよ。でも、ちらりと顔を見るだけでも、やっぱり違う。だからぜひ、皆に来てもらいたい」「白泉社のパーティーをする目的は、いつもがんばっている作家たちに、1年に一度くらいは、おなかいっぱいのごちそうを振る舞いたいという、創業者のささやかな気持ちなのですって」

今回目立ったのは、女性作家や編集者の子連れ度アップ!ちいさな子供をもった作家たちや編集者たちの人生観の変化が、この雑誌にこの先、きっと良いものをもたらしてくれるんだろうな、と思い、嬉しくなりました。