田中清代

絵本作家・銅版画家

多摩美術大学にて 油画と銅版画を学ぶ。在学中絵本を作り始める モノクロ及び手彩色銅版画による温かみのある画風で、独特の世界観を表現している。2018年、「くろいの」で国内外より高い評価を得る。